子宮頸がん予防ワクチンが日本でも使用可能になりました。サーバリックスというワクチンの他にガーダシルも使用できます。両者で接種間隔が異なるのでご注意ください。
サーバリックスはヒトパピローマウイルス(HPV)16と18にたいし有効で2価ワクチンといわれ、ガーダシルはHPV16、18のほかにHPV6と11にも有効な4価ワクチンといわれています。このことから最近ではガーダシルを接種するかたがほとんどです。



子宮頸がんとは?

子宮がんには子宮頸がん(子宮の入り口付近)と子宮体がん(子宮の奥)の2種類があります。子宮頸がんの99%はヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)の感染が原因です。

また若い世代に多く、20~30才代で急増しています。HPVは皮膚や粘膜にあるごくありふれたウイルスで、100種類以上が確認されていますが、このうちの15種類ほどが発がん性HPVと呼ばれています。発がん性HPVは主に、性交渉によって感染します。

子宮頸がんにかかると?

進行すると、生理以外の出血、おりものの異常、下腹部や腰の痛みなどがありますが、自覚症状のないまま、検診でみつかることもあります。特に若い世代では検診をすることがすくないので問題です。

毎年1万人以上の人が子宮頸がんになり約3500人の人がなくなるとされています。

子宮頸がんの治療法は?

ごく初期に発見できれば、多くの場合、子宮を温存することができますが、進行すると子宮全体の摘出や放射線、抗がん剤治療が必要になります。また手術後の合併症として排尿障害や排便障害が残ることも問題です。若い世代では検診を受けることが少ないため、みつかった時には進行していて大手術になることが多くなります。

子宮頸がん予防ワクチンの安全性は?

サーバリックスにはワクチンの効き目をよくするための2種類のアジュバント(免疫増強剤)が添加されています。1つはアルミニウム塩で、国内で市販されているワクチンによく使われています。もう1つは、MPL(3-脱アシル化モノホスホリル脂質A)で、海外で市販されている他のワクチンにも添加されていますが、国内では初めてのものです。

頻度10%以上の副反応としては、かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ、胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労があります。重い副反応として、まれに、アナフィラキシー様症状(血管浮腫・じんましん・呼吸困難など)があらわれることがあります。したがって接種後はすぐに帰宅せず30分はクリニックにすぐ来院できる場所にいてください。

当院で接種した従業員全員約20名の範囲で痛み、発熱、腫れなどは全くありませんでした。

子宮頸がん予防ワクチンの接種はどうすればいいの?

子宮頸がんの発症は20歳代以降に多いですが、発がん性HPVに感染して発症まで数年から10数年かかります。したがって感染する可能性の低い10代からの接種が効果的です。成人女性の臨床試験では子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)により発がん性HPVの持続的な感染および前がん病変が予防できることが確認されていますが、子宮頸がんに対する予防効果については確認されているわけではありません。この点についてはまだ検討段階です。したがって子宮頸がん予防ワクチンを接種しても定期的な検診は必要です。

子宮頸がん予防ワクチンの接種スケジュール

サーバーリックスは0、1、6ヵ月、ガーダシルは0、2、6ヵ月で、計3回の接種が必要です。3回の接種をしないと十分な効果は得られません。腕の筋肉に注射します。3回の接種途中で妊娠した場合には、その後の接種は中止となります。