えくぼからのお知らせ 病児保育室「えくぼ」を利用する場合の注意

病児保育児室を利用するかたは熱のある感染症が大部分です。従って病気の種類によって隔離する必要があります。えくぼの定員は12名(西東京市委託6人)ですが、隔離室は4部屋です。4種類までの病気までには対応できますが、それ以上はお断りすることになります。よくあるトラブルとしては、「えくぼ」を利用するためかかりつけ医を受診し診療情報提供所をかいてもらい予約しても、当院で隔離の必要な感染症と判定され、おあずかりできない場合や、また最悪な場合では検査で時間がかかって数時間待ったのちやはりお預かりできない、ということになり、きまずいことになることがよくあります。
このような状況をさけるためにもかかりつけ医でなるべく流行っている感染症の検査をお願いしています。インフルエンザ、RSウイルスなど早期に検査しても判定できない場合や、余分な検査と指摘されることも少なくありませんが、あずかった後に病気が判明することはなるべく避けたいと考え運営していますので、ご協力お願いします。時間的都合で検査が不十分で予約される場合は仮予約とさせていただき、当院で検査後最終入室の確認をさせてもらうことになります。
特に現況では新コロナウイルス感染症対応のため、ほぼ全例で抗原あるいはPCR検査で陰性確認後の入室になっていますので、ご配慮のほどお願いします。

お問い合わせ、ご予約はこちら
電話によるお問い合わせ・ご予約は、診療時間内にお願いいたします。
再診のかたは前日22時までは予約メールからご予約いただけます。
*予約の詳細ついては、こちらのページをご覧ください。
042-421-7201
メールでのお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る